Scene 1:

機能について

自動化の機能はたくさんあります

ACT1では、「メールトリガー」を使用しましたが、crawl.batには他にも多くの機能があります。

機能は用途に応じてカテゴリ分けされています。赤枠内のタブに注目してください。

バッチ 自動化本体と取得したレポートやデータ
ジョブ シーケンスをベースにした自動化の構造
フック 自動化を実行するためのきっかけ
イベント 自動化を実行した際の出来事
アタッチ 自動化の設定
シーケンス 自動化の動作の順番
STEP設定 シーケンスにおける各STEPの設定

カテゴリをクリックすると、サイドバーにカテゴリに対応した機能が一覧表示されます。例えば、「フック」のカテゴリには「メールトリガー」があります。

ACT2では、使用頻度が多く重要度が高いと思われる機能を紹介します。

ACT2は、重要度が高い機能を紹介します。

ページの先頭へ